結婚式場の下見

太陽光発電を設置している学校がある

 太陽光発電の装置を設置するのは、何も個人宅だけに限ったことではないです。最近では各自治体が公共施設に太陽光発電装置を設置し、電気エネルギーを自治体の管轄で生産したりしています。代表的なのは学校の屋上に太陽光発電の装置を設置することです。学校の屋上はかなり広いスペースがあるため設置しやすく、なおかつ日当たりも良いので絶好の設置場所です。

 

 また、学校は何か災害があったときの避難場所に指定されていることが多く、そういうときのための非常用電源としても期待されています。今までは各電力会社に頼り切っていた電力の生産ですが、これからはそういうわけにもいきません。ある程度は自治体で管理していたほうが市民の生活を守ることができますので、その取り組みはだいぶ活発化してきています。これはいわば電気の地産地消であり、とても良い取り組みだといえます。

 

 まだまだそれを行っている自治体は少数なのかもしれませんが、これからもっと広がっていって欲しいです。
問題が発生しましたら太陽光発電吟味してみてください。