結婚式場の下見

地方に見られる、様々な厄除け

厄除けというと年の初めに行うことが多く、男性42才、女性33才の大厄が知られています。急ぎのときは厄除けへ行ってみましょう。

 

陰陽道に由来し平安時代にはすでにあったといいますが、その出展も科学的根拠も曖昧ながら、今でもその影響が残る風習でもあります。もしよければ厄除けの大阪をお奨めします。

 

 

厄年者を気にする人は、神社やお寺などでのお払いが一般的なようですが、地方によっては様々な厄除けや厄払いがあるようです。もしよろしければ厄除けの兵庫で解決してみましょう。

 

 

富山県では厄払いの鯉を放流するというものや、ウロコのついたものを身に着けるとよい、日頃から身に着けているものを一緒に捨てて、厄も一緒に落とすなどという風習や、厄祝いなどという宴会を開いたり、みかんを投げるなど、自分の厄を分けてもちかえってもらうなどというものもあるようです。
よければ厄年に電話をお願いします。

 

また、一般的な厄除けとしては、最近になって関西での節分の厄除け行事でもあった「恵方巻き」などは、大手のコンビになども参入し、関西以外でも広まりはじめてもいます。

 

個人的には、厄というものは都市伝説のようなものであり、信じるか信じないかは、あなた自身がどう捉えるかによるのではないかと思っています。
お困りでしたら厄払いはどうでしょうか?