結婚式場の下見

母がガン治療を行った体験

母が初めてガンを宣告されたのは今から7年ほど前の出来事でした。
人間ドックを受けたのですがひっかかり、その後に精密検査を受けのですが、結果的に悪性リンパ腫のステージ4という診断を受けました。

 

ガンという診断に、本人はもちろんのこと家族も動揺を隠しきれませんでした。笑顔の絶えることのなかった家族でしたが、一瞬にして涙にくれる日々を送ることとなりました。

 

幸いにも、悪性リンパ腫は抗がん剤治療がとても有効なガンと言われています。髪が抜けたり食欲が落ちるという副作用はありましたが、母はガンを克服することが出来ました。

 

悪性リンパ腫は再発が5年なければ寛解をしたと言われるのですが、母は無事に再発をすることなく5年を迎えました。
それでも、2か月に1度の定期健診には通い続けていました。

 

再発をすることなく2年が過ぎた頃、再度悪性リンパ腫との診断が下されました。
しかし、この時は定期健診を受けていたお蔭でステージ1の時に発見をすることが出来たため、ガン治療も以前ほどの副作用を感じることはなく終わったようです。
どうしたらいいかわからない場合はがん治療へ来て見てください。