結婚式場の下見

永代供養は実は大切な考え方ではないかと。

最近になって様々な形が提案されている「お墓事情」ですが、「便利」、「簡単」、「お手軽」というキーワードがその表裏に見えてきて、今の時代の故人をお世話するということに対する気持ちがそこに表れているように思います。
故人のことは大事に思っているが、お墓のお世話まではそれほど時間を費やせない時代を象徴しているのでしょう。
でも、昔は1年に何回もお墓参りに行く時間があり、頻繁にお墓参りをされていたのか考えてみると、そうでもなさそうです。
お盆はもちろんお参りをしますが、その他は、地域内にあるお墓に命日にお参りをするくらいだったのではないかと思います。
気になるけれども、そんなに何回もお墓に行ってお世話が出来ない、そんな気持ちは今も昔も変わらないのではないかと思います。
そこで、大切にされてきたのが、永代供養という考え方だと思います。
「永代=永遠」に供養をしてもらうよう菩提寺にお願いをするという習慣です。
永代供養をすれば、忙しくてお墓参りに行けなくても、ご自身が亡くなって法事が出来なくなっても、菩提寺で永代供養を勤めていただけます。
大切な故人をずっとお世話してもらう環境に置いてあげたい、そんな気持ちが永代供養には込められていると思います。"
どうしたらいいかわからない場合は名古屋 永代供養へ来て見てください。